ORCAデータベース・CDバックアップ&リストアスクリプト

 CD−RへのORCAデータ・バックアップとリストア用のスクリプトです
cdrecord関係の設定一般的なバックアップスクリプトやsudoのパスワード設定
以前書いたページをご参考にして設定してください。

 スクリプトを置く場所は/home/orca/です。スクリプトの起動は一般ユーザーから、
$ sudo -u orca /home/orca/***.sh としてください。メニューに登録しておくのが便利です。

1)ORCAデータ・CDバックアップ・スクリプト(bucd.sh)

#!/bin/sh
echo "データをバックアップ中です。しばらくお待ちください。"
TIME=`date +%y%m%d`
/usr/bin/pg_dump -R orca > /tmp/$TIME.out
sudo mkisofs -r -J -o /tmp/$TIME.img /tmp/$TIME.out
echo "バックアップデータをCD−Rへ書き込みます。"
sudo /sbin/modprobe ide-scsi
sudo /usr/bin/cdrecord -v dev=0,0,0 speed=8 -data /tmp/$TIME.img


2)ORCAデータ・CDリストア・スクリプト(recd.sh)

#!/bin/sh
echo -n "バックアップデータの日付を入れてください(YYMMDD:例040613)。"
read TIME
echo "データをリストア中です。しばらくお待ちください。"
sudo mount -t iso9660 /dev/scd0 /cdrom
sudo /etc/init.d/jma-receipt stop
dropdb orca
createdb orca
psql -e orca < /cdrom/$TIME.out
sudo /etc/init.d/jma-receipt start
sudo umount /cdrom


3)パーミッションでユーザーをorcaにするのと実行権をつけるのを忘れないように
してくださいね。

                       ・・・・・・・・>戻る